粘土で様々な人形のかたちを作りました

1ヶ月以上ぶりの更新になってしまいました・・。

気づけば、2019年も半分以上過ぎてしまいましたね。

画像は、粘土でかたちを作った人形たち。ひとつひとつ形を作っています。いろんなひとたちができました。次はこのひとたちに色を好きなように塗っていきます。

6月くらいまで絶好調(?)で人形を作っていたのですが、7月に入ってから、制作が滞ってしまっています。

以前の記事で、「ブログをお知らせ的に書くだけでなく、コラムっぽく更新できたらいいな」と書いたものの、またしてもブログ放置気味になってしまってました・・。

自分にとって人形制作は、日々の生活における精神の支柱みたいなものです。その一方で、私は、いろんなことに手を出して失敗してまた手を出して・・というのを、わりと繰り返すほうです。

今は、いくつかやってみたい(やっている)ことがあります。

そうやって方向性の違う複数のことをやっていると、自分はいくつものことを並行して器用にこなせる人間じゃないのだと痛感します。同じテンションで、同じ熱量で、同じペースで、物事に注ぐのは、とても難しいことです。

あれもこれも思うようにできないくせに、あれもこれもしたい、いや?しなければならないという呪縛にも似た感情に支配されています。

ひとつ確かなことは、気になったことは、なんでもある程度のところまではやってみること。そして、それを続けるか否かは、おのずと決まるということ。

人形制作は、20年近く続けています。もう私にとっては、生活費を稼ぐいわゆる労働より、ずっとずっと尊いものであり続けています。

人形制作は、ペースに波があるかもしれないですが、これからもずっと続けていくと思います。